人気ブログランキング |

NEW ギター探訪③

WAVERを後にして、重いMARTINのギターケースを抱えながら、三木楽器アメリカ村店にやってきました。 ここでの目的は、2Fに置いてあるUSED、ビンテージギターと1Fの国産コーナーに置いてあるTAKAMINEの長渕モデルの試奏。

・TAKAMINE TN520-BS 1992年に限定生産(完全受注生産)されたシグネチャーモデル。通称「長渕モデル」。
d0060975_030129.jpg

実際に長渕がLIVEなどでも使用していることでも有名なモデルで現在は生産されていないため手に入れるには中古品の出物を待つしかない。 今回、自分が長渕ファンということもありTAKAMINEのエレアコも候補にしていました。 当然、エレアコの中では一番気にかかっていたモデルです。 弾いてみた感触は、当然のことながらエレアコですから生音が乏しく、そしてPAを通した音ももう一つ?? 実際、長渕のLIVEなどで聞いている音には遠く及ばない。
もちろん、使っているPAの性能も違うだろうし、プロ使用の音響と比較すること自体が間違いなのですが・・・!!

そして2FのUSED&ビンテージコーナーへ
GIBSON、MARTINの1990年代のUSEDモデルを何本か試奏。 それぞれ、GIBSONサウンド、MARTINサウンドはするものの、レベルとしてはそこそこといった感じ。 これだったら、クラプトンモデルの方がいいのでは??というのが正直な感想。
やはり、MARTIN、GIBSONで今以上の音を求めるのならば、最低でも30万以上は覚悟しなければいけないのかな~! ということであれば完全に予算オーバー007.gif

そして、予想以上に良かったのが、GUILDのギター。 
d0060975_0471562.jpg

かつては、MARTIN、GIBSONと並ぶ3大ギターメーカとして有名だったブランド。 サイモン&ガーファンクル、国内では井上陽水などが使用していますが・・・1970年代に生産されたD-55モデルを2本弾かせてもらいましたが、どれも低音がズッシリと響き、音量も豊かでしっかりと箱鳴りをし、音全体のバランスも良く私のスタイルにフィットする感じ。 しかも、MARTIN、GIBSONよりは値段も安い。 う~ん。。 これはいい001.gif 有力候補だな~!というのが正直な感想。

こんな感じで、店を出てから、さらに「三木楽器心斎橋店」「イシバシ楽器心斎橋店、池袋店」、そして江坂まで足を伸ばして「ドルフィンギター」と廻りますが、正直、グッとくる感触のいいギターには巡り合うことができず・・・

そして、気がつけば、もう18時30分。 もうギター巡りをして半日以上経って、身体も疲れ・・・
「もう今日はいいか」という気持ちになったのですが、最後にからだにムチ打って、もう1店だけ行こうと思い、最後に行った店が「三木楽器梅田店」。 もう時間があまりなかったせいもあり、店のスタッフの方に「予算はOO万円。弾き語りで、自分の演奏スタイルはこうで、音の好みは・・・」ということを直接伝えたところ、「ちょうどいいのがあります」ということで・・・店の奥から出してきてくれたギターが・・・・これ!
d0060975_103332.jpg

あまり見たことのない、ロゴがヘッドに刻印されている??
一体、このギターは?? 何??どこのブランド????
by koukajisaki | 2008-11-20 00:23 | 音楽

子供の成長とともに最近は、オヤジの趣味であるマラソンと音楽の記事が中心になっていますが、これからも戦うオヤジの軌跡としてBLOGを更新していきまっせ!!


by koukajisaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30